当ブログはおもにクルマ旅のレポートがメインです。
珊瑚さんとオーナーの日常はTwitterInstagramをご覧ください☆ 2014.02.07
Top

フレンチブルの珊瑚でち☆
by sangomj
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
www.flickr.com
ぢゅん☆'s items Go to ぢゅん☆'s photostream
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
memo
◆リンク◆
プロフィール
過去のアソビ
トモダチ
※リンク希望はご連絡ください。
◆メール◆
sango35_mj@yahoo.co.jp
※↑の@を半角になおしてからメールください。

2013年5月山陰山陽クルマ旅4日目-6 温泉津温泉で車中泊
5月3日(金祝)深夜出発、5月11日(土)帰宅、
山陰山陽車中泊の旅の記録デス。

今までの記事

 1日目:渋滞を避けて福井へ天の橋立伊根の舟屋と丹後車中泊
 2日目:琴引浜城崎温泉白兎海岸で車中泊
 3日目:鳥取砂丘!道の駅めぐり水木しげるロード<前編><後編>
 4日目:出雲ドライブ出雲大社食べ歩き出雲参拝旧大社駅と出雲焼きそば日御碕神社





18時40分ごろ、温泉津(ゆのつ)温泉到着。

温泉津温泉には2種類の外湯があって、
対向車がすれ違えないくらいのほっそい道を挟んで、
ハス向かいにあります。

なんとなーく外観の雰囲気から、薬師湯をチョイス。
大正レトロな雰囲気。
b0033186_1702837.jpg




続きを読む前に、どれか1個クリックしてくれるとうれしいですー(笑)
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ  人気ブログランキングへ






b0033186_1703065.jpg

b0033186_1703359.jpg

b0033186_1704275.jpg

入口を真正面から捉えた写真がないので、
興味のある方はぜひ薬師湯のサイトを見てください。
すごーく素敵な雰囲気なの♪


成分表はこちら。
温泉ソムリエを取ったクセに、すっかり忘れてしまったので解説なし(笑)
b0033186_1703512.jpg



浴槽はこんな感じ。byまっぷるガイド。
b0033186_1703983.jpg



浴槽も床も、湯の花がびっしりで、見た目だけで確実に効きそう(笑)
日本温泉協会の審査でオール5をとった100%本物のかけ流し温泉。


カランは4つ。そのうち2つがシャワー付きでした。
ワタシが入ったとき、1つだけ空いてたシャワー付きのカランに荷物がありましたが、
お湯に浸かってた地元のおばちゃんが『コッチ使って!』と譲ってくれました(^-^)


脱衣所も銭湯な雰囲気ですが、大人一人350円で、
THE共同浴場!!!って感じがうれしかったです。





で、車中泊はゆうゆう館駐車場にて。
b0033186_1704454.jpg

トイレにドアがあって、夜間カギかけたりするかなぁ…と心配でしたが、
ヌシが閉店間際のスーパーで聞いたところ、大丈夫とのこと。


晩ごはんはこちら。
魚中心のラインナップ。
b0033186_1704796.jpg

アボカドコロッケ、面白かったですよ。
中身はアボカドとチーズだけですが、アボカド好きにはたまらん!





旅の4日目の走行距離:約144km。
b0033186_1705040.jpg







で、翌朝5時。
朝風呂に入ろうとヌシに起こされました。


P泊したゆうゆう館は、海のスグそば。
b0033186_1705212.jpg



5~6台の駐車スペース。
昨晩到着したときは、ウチと夜釣りのおじさんだけでしたが、
夜中に2台ほどP泊クルマが来たみたい。
b0033186_1705579.jpg



温泉津温泉は石見銀山とともに、世界遺産の一部として登録されているそう。
由緒正しい温泉街だね。
b0033186_1705836.jpg



昨晩、ココでのP泊を勧めてくれたおばちゃんのいるスーパー。
ヌシが『あそこ(ゆうゆう館)で車中泊しても大丈夫ですかねぇ?』と聞いたら、
『アンタ!ぜひ朝風呂入っていきなさいっ!』と、力強く勧めてくれたらしい(笑)
b0033186_171185.jpg





で、昨晩とは違うもう一個の外湯、元湯。大人300円。
こちらは宿泊もできるそうです。
b0033186_171446.jpg

b0033186_177147.jpg



こちらは朝5:30からですが、その前から開いていて、
すでに地元の方が5~6人入ってました。ちなみに薬師湯は5時から。


内湯はあつい湯とぬるい湯に分かれてます。
左側があつい湯で、ぬるい湯はさらに寝湯が出来るように、
右半分が上げ底になってました。↓はまっぷるガイドより。
b0033186_1774710.jpg


あつい湯は46度くらい、熱湯風呂もどきは草津で慣れているので、
なんの気なしに入ったら、先客の地元のおばさま方に称賛されました(笑)

ちなみにぬるい湯でも40~42度、ぬるい感じる温度ではないけれど、
地元の方はぬるい湯にしか入らないのかな?

女湯はみんな温泉に浸からず、『浴槽端会議』に花が咲いてました(笑)

一方男湯は、あつい湯に入るヌシに感化されて、
『東京モンが入るんならオレも入らないと!』と通勤前の地元の方と、
若干ガマン大会っぽくなってたらしい(笑)


ちなみにカラン、あるのかなぁ???(笑)
ただの素朴な水道が3つ4つくらいあるだけで、
アレ、お湯出るのかなぁ???



とにかく開店直後にも関わらず、
通勤前、お出かけ前に朝風呂に入る地元の方々で、6時前とは思えない賑わい。

脱衣所で一緒になったおばちゃんは、
『ココの温泉は万病に効くし、ホントに最高なのよ!』とちょっぴり自慢げ。
いいよなぁ、ワタシも温泉街に住みたい…。

海の近くで温泉街なんて、ホント最高。



次回に続きます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by sangomj | 2013-06-19 17:14 | アソビ
<< 2013年5月山陰山陽クルマ旅... 2013年5月山陰山陽クルマ旅... >>


カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
勉強になりますっ!
ちょっと出てます
珊瑚さんデビュー作?
良い獣医さん募集中
健康は良い食事から
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧