当ブログはおもにクルマ旅のレポートがメインです。
珊瑚さんとオーナーの日常はTwitterInstagramをご覧ください☆ 2014.02.07
Top

フレンチブルの珊瑚でち☆
by sangomj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
www.flickr.com
ぢゅん☆'s items Go to ぢゅん☆'s photostream
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
memo
◆リンク◆
プロフィール
過去のアソビ
トモダチ
※リンク希望はご連絡ください。
◆メール◆
sango35_mj@yahoo.co.jp
※↑の@を半角になおしてからメールください。

2011年11月車中泊の旅その10_道の駅さかいと永平寺<前編>
本題に入る前に、最近面白かったこと。


実家の父は、脳梗塞の後遺症でほぼ寝たきり。

嚥下障害があるため、
食事は胃ろうで、チューブで直接胃に流し、
気管も切開したため、話すことが出来ません。

認知症もあるので、客観的にみるとかなりの重症?

でも、母のつきっきりの介護を受け、
本人的にはちょ~お殿さま気分(笑)
割りと上機嫌で毎日を過ごしています。


先日実家に帰ったときのこと。

実家で一緒に年越しを過ごすことに決めて、
『お父さん、大晦日はみんなで宴会だよ~』
なんて話しかけたら、大喜び!

元々酒好きの家系。
要介護状態になって自分は飲めなくなっても、
ヒトが集まるのがダイスキなので、
まぁそれは喜んでくれたのですが。


日にちの感覚がちゃんとしてないため、
今すぐ飲みたいとのリアクション…(^^;


たま~に食べ物・飲み物を欲しがる時があって、
そんな時はスプーンで恐る恐る与えるのですが、
この時ばかりは『自分で飲みたい』の猛アピール(-"-)


気管につまらせたりむせた時のために、吸引器を傍らに用意し、
ビールをコップに三分の一ほど注いで渡したところ、
普段ほとんど動かさない右手でしっかりと持ち、
2年ぶりくらいに自分でコクコクと一気飲み…(@@)

飲んだあとは『く~っ(>▽<)』←声出ないから雰囲気だけねっと、
まぁ~いい表情!

しかも、グラスを持つとき、
曲げた小指をちょっと立てるクセも忘れてないし(笑)


さらにおかわりを要求して、
飲み干すときは、これまた以前と同じように、
コップを逆さまに軽く振って、落ちるしずくを口でキャッチ(爆笑)


結局コップ1パイ分くらいは飲んだんじゃないかな?
まだ欲しそうだったけど…(^-^ゞ


酒飲みのDNAは恐ろしい。
そしてこの血はワタシにも…(汗)






さて。

11月11日(金)深夜から11月16日(水)まで、
5泊5日の福井→岐阜→長野の車中泊の旅の記録デス。


前回の記事は、
 
 1日目:道の駅若狭おばまで車中泊
 2日目その1:小浜公園で自炊朝食
 2日目その2:雨の三方五湖レインボーライン
 2日目その3:道の駅シーサイド高浜
 2日目その4:越前ガニ@小浜
 3日目その1:サバづくしの朝ごはん@小浜
 3日目その2:ポタリング@小浜<前編>
 3日目その3:ポタリング@小浜<後編>
 3日目その4:うそばとあわら温泉と秋吉






旅の4日目。

福井県の道の駅さかいで車中泊した朝。

前夜の豪雨はすっかり上がって、気分の良い朝です。


朝7時から営業している農産物直売所へ。
b0033186_15181965.jpg




続きを読む前に、どれか1個クリックしてくれるとうれしいですー(笑)
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ  人気ブログランキングへ







野菜の他にもお惣菜が充実してて、
晩ごはん用に数品と、朝ごはん用においなりさん。
b0033186_15181978.jpg

たしかカラシ入りだったかな?
もらえない珊瑚さんはおしり向けてますが(笑)
b0033186_15182036.jpg


それと、おばあちゃんの手作りっぽい、スゴイ色のかきもち。
ヌシはこういうのがダイスキなんだよね~。
b0033186_15181447.jpg


福井市街の通勤渋滞を抜けて、
やって来ました永平寺。
b0033186_1518149.jpg


珊瑚さんにはエースくんで留守番をお願いして、
これからふたりでどっぷりと観光です。
b0033186_15181490.jpg

b0033186_15181517.jpg


こう見ると結構広いんですよね。
時間かかるかな?
珊瑚さん、お留守番大丈夫かしら?
b0033186_15181612.jpg


さて、この門の中が永平寺です。
b0033186_15181675.jpg


拝観料を払って、靴をスリッパに履き替え、
入った建物にはエレベーターもあったりして…。

割りと近代的?なーんて思ってましたが、
受付のところで『差し支えなければ、帽子をお取りください…』
なんてやんわりと言われたので、思わず従っちゃいました。
あたまペッタンコなんすけど…。


お坊さんの案内で1室に通されて、
まずは拝観のための説明を受けます。

およそ10分。

説明してくれるのも修行中の若いお坊さんで、
こうして拝観客のために説明するのも、修行のひとつなんでしょうかね~。

永平寺の歴史から、建物の説明、修行僧の一日、拝観の注意事項まで、
慣れた感じで淀みなく、スラスラ~っと言葉が出てくることに感心。

『ここから先は修行の場なので、みなさんもしばし観光気分は置いて、
厳粛な気分で見てください…』とも言われて、
思わず気が引き締まります。


写真撮影もここまでは遠慮してたのですが、
『僧侶に向けなければどうぞ』とのことだったので、
ではさっそく…(笑)


傘松閣という建物にある一室。
すばらしい天井絵。
b0033186_15181770.jpg


床の間の絵。
b0033186_15181655.jpg


ピカピカの廊下を抜けて…。
b0033186_15181763.jpg


雨上がりの朝の境内は、
厳かな中にも清々しい雰囲気。
b0033186_15181871.jpg

b0033186_15181839.jpg



次回に続きます。
詳しく覚えてないくせにやたら写真が多いので、
永平寺は3回に分けてレポしますー。

[PR]
by sangomj | 2011-12-14 12:17 | アソビ
<< 2011年11月車中泊の旅そ... 2011年11月車中泊の旅そ... >>


カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
勉強になりますっ!
ちょっと出てます
珊瑚さんデビュー作?
良い獣医さん募集中
健康は良い食事から
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧